HOME>イチオシ情報>総入れ歯よりも審美性や咀嚼機能にも優れていた治療

カウンセリングや検査を受けよう

診療室

歯をほとんど失ってしまった場合は、かつては総入れ歯を選ぶことがほとんどでした。比較的治療も簡単で費用も安く抑えることができますが、安定しないことや咀嚼能力が弱いこと、さらに審美性の面で劣るなど欠点も少なくない方法です。そこで注目されているのが少ないインプラントの埋入で義歯をしっかりと固定できるオールオン4と呼ばれる治療です。この治療を選べば、咀嚼能力もアップしますし、骨吸収を抑えられるというメリットもあります。治療を行う際は、まずはオールオン4に対応している歯科医院を選ぶことが大切です。その後はカウンセリングや検査を受け、問題なく治療が行えるのか、どのようなメリットがあるのかを確認してみましょう。

食事や会話に影響が出ない

女性

総入れ歯の欠点は、ずれやすいことで食事や会話に影響が出ることに悩む人は少なくありません。その点、オールオン4なら、固定されているので食事や会話も快適に行えるようになります。総入れ歯と比較しても、天然の歯に近い見た目が得られるのもメリットといえるでしょう。インプラント治療は完成までに時間が掛かるというイメージもありますが、オールオン4は、治療当日に人工歯を入れることができますので審美性の面でも安心です。

骨造成を行わずに治療できる

治療器具

あごの骨の量が減っていると、そのままでは治療ができずに骨造成の治療が行われることが多くなっています。その点、オールオン4は骨の多い部分に埋め込みますので、骨造成をしなくても治療できることが多くなっています。どれぐらいの期間、維持できるのかも知っておきたいところですが、適切なメンテナンスをすればかなり長期に維持することも可能です。日頃のお手入れを丁寧に行うことはもちろん、歯科医院でのメンテナンスも定期的に行いましょう。

広告募集中